日記・コラム・つぶやき

2020年6月10日 (水)

コロナ禍

世間がこのようになるとは、思いもよりませんでした!

この春は祭りや総会も全部中止
頼りなく、月日がだけが過ぎていくモヤモヤした季節でした。

法事、親戚の会合も延期などで、お墓のことも少し来店の足が遠のいていました。

早く以前のような生活に戻ってほしいですね。

2020年1月 6日 (月)

明けましておめでとうございます。

本日より現場仕事始めです。

本年もよろしくお願い致します。

2019年6月21日 (金)

セキュリティアクション

Security_action_hitotsuboshismall_color

よりよいサービスの向上とセキュリティ対策をめざしてセキュリティアクション ひとつ星 を宣言いたしました。

今後ともよろしくお願いします。

セキュリティアクションって何?

2018年10月25日 (木)

お墓参りをすると長生きする

先日こられたお客様のお話です。
社長との会話で「お墓参りすると長生きする」との言葉がありました。
信心深いと神仏のご利益が・・・ということばかりでなく、お墓を建てたことにより

①お墓に参りに行く事で出かける用事ができて定期的に体を動かすことになる。

 

 →体力気力づくり
②○○さんの月命日だな、そろそろ草が生えてるのではと、考えたりすることで頭を使う。

 

 →ボケ防止

 

なるほど!
その方に営業に回っていただきたいほどの説得力のあるお話でした。

③結果的に心も穏やかになる
 →幸せに長生きできる

 


ということですね。

2018年10月 4日 (木)

サイトメンテナンス等のお知らせ

今月中あたりに当サイト一部修正作業があります。

期間中アクセス等ご迷惑をかけるおそれがあります、ご了承下さい。

また、定期メンテナンスが10/10深夜にございます。
その間も一部閲覧ができない等ございます。
ご不便おかけしますが、よろしくお願いします。

2018年9月 8日 (土)

自然災害

豪雨、台風、地震・・・近頃自然災害がよくおこります。被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。

しかも今年の台風は石屋さんに嫁いできてから初めての体験でした。地震ならまだしも、強風により、あちこちの霊標や塔婆立が倒れているんです!あと、花立石までがズレていたり!

台風のあと、急いで市営墓地を巡回しました。不幸中の幸い、当社施工箇所は被害が少なかったのです。ひとまず、ロウソクカバーをしっかりしめなおして回りました。

台風前せめてもの施主様のできる対策は

 ●普段の墓参の時に花立石や霊標、塔婆立にガタつきないか確認する
 ●ロウソク立カバーのしめ忘れがないようにする
 ●扉付の荷物置石はトメをするか、ヒモでくくって風であおられないようにする
 ●塔婆は最小限の数を立て、古いものは処分(=お寺等で炊き上げてもらう)
あと、台風とは関係ないのですが巡回していて気になったのが、ロウソクカバーです。 カバーの中のガラスが割れている、しっかりはまっていないなどが多かったです。

原因としては

 ●長いロウソクを使い、熱で曲がって直火があたった
 ●燃え残りのロウがたまってカバーがしめにくくなった

等が考えられますので、普段のお参りは短めのロウソクを使用し、燃え残りのロウはこまめにお掃除されることをおすすめします。

これからも台風シーズンが続きます、お気をつけください。

2018年7月 4日 (水)

まちたんけん

先日、毎年恒例の小学校2年生の「まちたんけん」という近隣商店への校外学習がありました。
グループごとに色んなお店を回り、あいさつ、見学、質問、お礼の言葉を自分達でする、子ども達にとって一大イベントです。

「いっせーの、こんにちは、まちたんけんにきました、けんがくしていいですか」

と声をそろえていうのが、かわいくて、かわいくて!ちゃんと質問できるかとハラハラしながら応対しました。

こどもによって関心をもつ内容が違って、そういうことが気になるのか?!とこちらも勉強になりました。

ご丁寧におれいの文集もいただきました。
これからも頑張って勉強してくださいね。
1530677385583.jpg

2017年10月28日 (土)

ちょっと嬉しい

毎朝NHKの朝ドラを見ております。
今日の台詞で「私の夢は好きになったお人と墓場まで添い遂げることです」と聞いて、おもわず拍手をしました

2017年10月15日 (日)

お墓ってなんでしょうか

2年前に墓じまいの話題を書きました。
相変わらず墓じまい傾向は続いてる感じがします。
その一方でこだわりをもって建墓をされ毎日のようにお墓へお参りの方もお見かけします。

若い時は考えなかったけれど、年を重ねて子ども達も大きくなって、自分の親や、おじいちゃんおばあちゃんが、どんな思いで子や孫を育ててくれたのかなぁと思う瞬間が増えてきました。

そのまたご先祖さまも同じような思いで一所懸命に生きてこられたのだろうなぁ。

色々、現代に合わせた方法も模索しながら、心の支えと言うか、根っ子と言うか、そういうことへのお手伝いができたらと思います。

うまくまとまらず、すみません。

2017年10月13日 (金)

せっかくの供養が

とある納骨堂の経営者の方が脱税とのニュース。

これで、経営が上手くいかなくなったらお墓所有(永代使用)されてる方どうなるんでしょう...

自分が参れなくなってからもちゃんと供養してもらえるようにと安心して託しておられるでしょうに...。